SiteMap

キャバ嬢だった元カノ

紫のドレスの女性

元カノがキャバ嬢でした。私は当時バンドをやっていて、元カノはそのバンドのお客さんというかファンの方でした。ファンレターに何度も現金と連絡先を一緒にして渡してきてくれていたので、邪な考えのみで連絡を取り、その後交際するに至りました。
基本的に元カノとの関係における出費はゼロでした。というのも全ての支払いを元カノが済ませてくれていたからです。カラオケやボーリングなどに行ったときにかかるお金はもちろん、一緒に飲み食いするお金も払ってくれましたし、ホテル代なんかも全て彼女の懐から出ていました。私自身はホストとして働いたことはないのですが、元カノが夜の仕事をして大金を得ているというだけでなんだか自分までたいそうなことが出来ているような妙な錯覚に陥ってしまいました。
ただ一緒にいて気付くのは彼女のストレスの多さでした。とにかくお客さんと話を合わせたり、酒をぐびぐび飲まなければならないので心身ともにストレスはかなり溜まる仕事だったようです。時にはデート中に寝入ってしまうこともあり、かなり疲れているんだなぁと感じさせられました。そんな彼女と関係が終わって今では数年立ちますが、現在彼女はキャバ嬢をやめて美容師として活躍しているようです。

おすすめ情報

ドレスの女性

2017/09/26

キャバクラでお触りはできるのか?

原則、お触りはできないです。これは当然でしょう。しかしながら「酔ったふりして触っちゃった」など…

MORE ▶

緑のドレスの女性

2017/09/26

今宵もキャバクラがよいで金がない

夕方になるとサラリーマンそわそわ、今日も飲みに行くかとなり、いつもの居酒屋でビールと焼酎をあお…

MORE ▶

ピンクのドレスの女性

2017/09/26

キャバクラの将来

キャバクラは、時間料金制で基本1対1で接客する水商売です。初めて行った時は、1時間に3交代で隣…

MORE ▶

紫のドレスの女性

2017/09/26

キャバ嬢だった元カノ

元カノがキャバ嬢でした。私は当時バンドをやっていて、元カノはそのバンドのお客さんというかファン…

MORE ▶