SiteMap

キャバクラでお触りはできるのか?

ドレスの女性

原則、お触りはできないです。これは当然でしょう。しかしながら「酔ったふりして触っちゃった」などという友人の証言を耳にした自分にとって、これは考察すべき大きな問題だと感じました。キャバクラには何度も足を運んでいるのに、そんな客は見たことないし、もちろん自分も経験がありません。もしも仮に、そんなことが可能であれば、同じ料金を払っても楽しみ方が全く違ってくるので、とても関心が湧きました。そしてこの間、証言があった友人と飲む機会があり、例によってキャバクラへ向かいました。酔いもそこそこに、キャバクラの雰囲気を楽しみながらも、自分のアンテナは友人の行動に向けていました。ところが終了時間が来ても、友人は最後までイタズラする様子はなく、結局その店を後にしました。気になってしょうがない自分が友人に問い詰めると、以下のような返答が返ってきました。

・その場があまり盛り上がってなかった

・嬢の雰囲気的に、行けそうになかった

・ボーイと目が会う回数が多いつもよりかった

・いつもやるわけじゃないし、そもそも自分が乗り気じゃなかった

なるほど、と思いました。そういった細かな要因を分析し、総合的に判断しての行動なんだと感心したと同時に、臆病な自分にはできないなと思いました。やはり、だめなものはだめ、リスクを負う必要性はないです。ましてや夜の世界、提供されたものを昇華しようとせず、その場に適した楽しみ方を考える方が、よっぽど健全です。

おすすめ情報

ドレスの女性

2017/09/26

キャバクラでお触りはできるのか?

原則、お触りはできないです。これは当然でしょう。しかしながら「酔ったふりして触っちゃった」など…

MORE ▶

緑のドレスの女性

2017/09/26

今宵もキャバクラがよいで金がない

夕方になるとサラリーマンそわそわ、今日も飲みに行くかとなり、いつもの居酒屋でビールと焼酎をあお…

MORE ▶

ピンクのドレスの女性

2017/09/26

キャバクラの将来

キャバクラは、時間料金制で基本1対1で接客する水商売です。初めて行った時は、1時間に3交代で隣…

MORE ▶

紫のドレスの女性

2017/09/26

キャバ嬢だった元カノ

元カノがキャバ嬢でした。私は当時バンドをやっていて、元カノはそのバンドのお客さんというかファン…

MORE ▶