SiteMap

キャバクラを楽しむ方法

白いドレスの女性

大阪でホステスになりたいなら北新地ホステス派遣の求人情報を掲載している「アズール」で自分に合ったお仕事を探してみてはいかがでしょうか。

仲間と飲んで、盛り上がった勢いで。オキニの女の子に会いたくて。一人で飲むのが寂しくて。キャバクラを利用する目的はそれぞれだと思うが、共通して言える事、それは。「可愛いキャバ嬢と楽しく酒が飲みたい」これを否定できるキャバクラユーザーはほとんどいないだろう。ただし、多くの人が楽しく飲むための「作法」を間違えてしまっているのもまた事実だ。一言で「楽しく飲む」といってもその対象となる人物が自分だけになってしまっていては本当の意味での「楽しさ」には近づけないだろう。キャバ嬢共々「楽しく」飲めて初めて満足のいくキャバクラ体験になるとは思わないだろうか。もちろんお金を払ってキャバ嬢の接待を受ける以上、主役は客側なのだが、より良い接待を受けるためのテクニックとしてキャバ嬢への配慮はとても有効なのである。キャバ嬢は仕事として接待を行う以上、当然プロである事を求めたくなってしまうのだが、彼女たちの大半は「気軽にはじめた割のいいアルバイト」の感覚である事を忘れてはならない。そんな彼女たちに気に入られてこそ「楽しく」過ごせる確率があがるのは当たり前の話だとは思わないだろうか。では、どうやって気に入られれば良いのか。ボトルを入れる?プレゼントを用意する?もちろんそれも悪くはないが、いかんせん費用がかかってしまうしプレゼントはセンスも要求されるので簡単ではない。答えは簡単だ。



・体臭や口臭、身だしなみ等、不潔と思われる要素を排除しておく。

・下心を完全に隠す必要はないが、ガツガツしない。

・おしぼりをもらう、お酒を作ってもらう等、何かしてもらう度にちゃんと感謝の気持ちを言葉で伝える。

・自分が話すことばかりに夢中にならず、相手の話も聞いてあげる。



とりあえずこれができるだけでもキャバ嬢達の対応は驚くほど変わるものだ。なぜならこれだけの事ですら出来ない・意識しない男たちが大半だからである。作り笑顔で接待させるのか、自然な笑顔を引き出せるのかで、同じ時間でも内容の濃さがずいぶん変わるものだ。「楽しむ」ためにはキャバ嬢側だけの努力ではダメだということである。客・嬢がお互いに楽しい時間・空間を作れるように、あなたが嬢をリードしてあげれば良いということである。金を払っているからこそ、受け身の姿勢・一歩的なコミュニケーションは勿体ない。だまされたと思って、なんて難しい話ではないので、ぜひ試してほしいものだ。

キャバ嬢も普通の女の子


私が大阪のキャバクラで勤務していたのは20歳から23歳頃までです。その中でのよくあるであろう体験を書きたいと思います。まず、大阪のキャバクラで働こうと思ったきっかけですが、時給です。時給がほかのバイトよりいいことはご存知かと思いますが、事実として1日勤務すれば1万円以上は稼げます。最初はそんな軽い気持ちでした。実際にキャバクラ求人で勤務してみると厳しい世界でした。私は勤務してすぐに指名が取れました。1か月でナンバー3になり、2か月目はナンバー2になりました。まさにビギナーズラックという言葉がぴったりでした。ですが、3か月目からほとんど新しいお客さんがつかめませんでした。お客さんも一気に掴んでいましたので、新人ではさばききれずに連絡も行き届いていない状態になりました。気づけばどんどん指名は減っていました。落ち込んでいた私を元気づけてくれたのはボーイの人でした。大阪のキャバクラ求人ではだいたい自分の担当のボーイがいます。ボーイとは指名管理・出勤管理などしてくれる男性のスタッフです。そのボーイの彼は話もたくさん聞いてくれました。気分転換といって飲みに連れて行ってくれました。私は時に酔って、泣くこともありましたが、そんな時は優しく頭を撫でて優しい言葉をかけてくれました。キャバ嬢だって女の子です。弱っている時に優しくされると、心をひらいてしまいます。ボーイの彼に惹かれるのに時間はかかりませんでした。でも水商売の鉄則として、お店の商品であるキャストに手を出すことはご法度です。2人だけの秘密ということや、バレたらいけないというスリルが楽しくてしょうがありませんでした。自然と仕事にもやる気が出ました。アイコンタクトしたり、さりげなく手を握ったりしました。別々に帰りますが、帰る家も一緒なので、その日あったことを話しあい、お互いとてもよき理解者になりました。でも楽しい日々はそう長くは続きませんでした。関係が明るみに出ると、罰則がつきました。罰金はまぬがれられましたが、退店させられ、お店で会えなくなりました。しばらく関係は続きましたが、すぐにうまくいかなくなるものです。私は金銭感覚がずれていましたので、そう簡単に大阪のキャバクラの世界からは足を洗えませんでした。彼はもう昼間の仕事を初めていたので私にやめて欲しいというばかりでした。よき理解者からわからずやになっていました。その後すぐに別れて別々の道を歩むことに。キャバクラ求人で出会い真剣に恋愛するということは本当に貴重な経験だと思います。ただ、お店関係の人と恋愛すると、どこのお店もだいたい罰則がありますので気を付けてくださいね。お店での秘密の恋愛は確証はなくとも、まわりは気づいてるらしいです。つまりバレていないと思うのは自分たちだけで、ばれしまうのがほとんどです。恋愛するなら身をもってお店の外ですることをおすすめします。こんな私の経験でした。

地元のキャバクラは楽しめない?


地元に住んでいる方はもちろん、就職や進学などで地元を離れて暮らしている方も故郷に帰省し、街へ飲みに出ることはあると思います。私は地元で暮らしていますが、お盆やGW、年末年始などの長期連休の際には必ず、帰省した友人らと飲みに出かけます。一軒目は馴染みの居酒屋に行きますが、二軒目以降で選択を迫られます。時間次第ではもう一軒、別の居酒屋、もしくはカラオケ、あるいはバー、そしてキャバクラなど・・・あまり大きい都市でなくとも、これらの選択肢の中から次の行動を決めます。しかしながら、飲んでいる仲間が男性ばかりだとどうしても華やかさに欠けますので、順序がどうであれキャバクラには絶対に行くというのが通例、予定調和のようになっています。そこで個人的に問題視しているのが「キャバ嬢が知り合い」というパターンが多いということです。なぜかキャバクラに行くたびに、知り合いに会ってしまうのです。直接の知り合い、間接的な知り合い、自分の知り合いではなくともキャバ嬢が自分を知っているなど、何かしらの繋がりがあります。そうなってしまうと、自分にブレーキがかかります。はっちゃけることもできず、知っている人との時間に料金を払うという滑稽な事態が起こります。たまに、地元ではない街の店舗に行くとキャバクラ本来の楽しさを実感するあたり、やはりどこか不完全燃焼な気持ちになるのは否めないです。地元のキャバクラに行く際には、リサーチある程度のリサーチをして、余計なリスクを背負わないようにするのが吉、そう思います。

おすすめ情報

ドレスの女性

2017/09/26

キャバクラでお触りはできるのか?

原則、お触りはできないです。これは当然でしょう。しかしながら「酔ったふりして触っちゃった」など…

MORE ▶

緑のドレスの女性

2017/09/26

今宵もキャバクラがよいで金がない

夕方になるとサラリーマンそわそわ、今日も飲みに行くかとなり、いつもの居酒屋でビールと焼酎をあお…

MORE ▶

ピンクのドレスの女性

2017/09/26

キャバクラの将来

キャバクラは、時間料金制で基本1対1で接客する水商売です。初めて行った時は、1時間に3交代で隣…

MORE ▶

紫のドレスの女性

2017/09/26

キャバ嬢だった元カノ

元カノがキャバ嬢でした。私は当時バンドをやっていて、元カノはそのバンドのお客さんというかファン…

MORE ▶